BLOG

ティーキャディーボックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tea caddy box

この箱は一体何でしょう?
丸くて鍵がかかるようになっています。

正解はティーキャディーボックス、高価で貴重な紅茶を保管するための道具です。
形は台形のものや、丸いものなど色々ありますが、丸く曲げたトップと
ブラスの飾りが女性的に思え、連れて帰りました

イギリスが紅茶大国となり、ふんだんに庶民も紅茶を飲める様になるまで
暫くは一家の奥様が鍵を管理していたそんな時代があったのですね。

中は2つに仕切られ、どちらもビロードの生地を貼ってあります。
3つに分かれ中にガラスのミキシングボウルが入っているものも見かけました。

1839年にアッサムカンパニーが始動し、イギリス人好みの強くてしっかりとした
紅茶が作られ国民全体に行き渡るまで、こんなティーキャディーボックスが出回っていたのですね。

何の苦労もなく紅茶をふんだんに楽しめる現在に感謝。
さあさあ、お茶の時間ですよ。

美味しく紅茶を淹れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>