BLOG

Tea Breeze from England 2015 Vol.8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

St Mary’s Bay(セント メアリーズ ベイ)から車で30分ぐらいところに位置するRye(ライ)。
アンティーク大好きさんにとっては聞き慣れた名前だと思います。

The Mermaid Inn(ザ マーメイド イン)

ドーバー海峡からも近いこの街は、昔は密輸団の一行や海賊のたまり場のような時代もあったとか。。。
街の有名な旅籠「The Mermaid Inn(ザ マーメイド イン)」はその名残を今も漂わせています。

Rye(ライ)の街並み

街は30分も歩けば全てかと思われるほど小さくて可愛く、抜けるような青空とともに、キラキラと陽射しが降り注ぎ、かもめの鳴き声も伸びやかでした。

Janeさんのお店 CROCK & COZY

アンティーク街のお店の1軒は以前にも訪れた懐しいところで、オーナーのJane(ジェーン)さんと10年ぶりの再会を喜びあいました。

Tearoom Cobbles(ティールーム コブルス)

Cobbles(コブルス)はおおぶりなケーキと素朴なお茶が人気のおっとりとした小さなティールームです。
Rye(ライ)といえば必ずと言ってよいほど紹介されている人気のティープレイスです。

Ann Lingardさんのお庭

私たちはとても幸運な事に、イギリスのアンティーク界でも有名なアンティークディーラーでいらしたAnn Lingard(アン リンガード)さんにお会いすることができました。現在85歳のAnnさんですが、ケーキを焼き、お茶を用意してくださり、手入れの行き届いたお庭もご案内くださいました。

Annさんは何年か前、銀座三越でAnn Lingard展を開かれ、お手持ちの見事なアンティークの展示とともに自然体の生き方の提案をされたので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
3種類のケーキのどれも本当に滋味深くしっとりとしたお味で、帰りにはおみやげと残りをタッパーに入れてくださる素敵なママでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>