BLOG

Tea Breeze from England 2015 Vol.5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Swindon(スウィンドン)とOxford(オックスフォード)の間にあるKelmscott manor(ケルムスコット マナー)はArts & Crafts(アーツ・アンド・クラフツ)運動の旗手William Morris(ウィリアム モリス)が所有し、住んでいたところでした。
道すがらの看板もなく、広大な畑の一本道をくねくね曲がりながらやっとの思いでたどり着いたのですが、運悪くハイシーズンにもかかわらず、お休み。
開けられるのは水曜日と土曜日だけだったようです。
心から落ち込みましたが、エルダー香る田舎の道でその静けさを味わいました。

こんなに辺鄙なところにマナーハウスを立てたモリスの考え。
訪ねてくる人々。
どのような物語が毎日繰り広げられたのか、もう一度、モリスの生涯を辿ってみたくなりました。

201508-england5-001

201508-england5-002

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>